2006年09月20日

350Z

とうとうやってしもうたぁ〜

車のバンパーが路肩に乗り上げてしまい、傷がつき凹んでしまいました。

場所は、そう、変な日本人もどき愛想がない定員が
多数いるといわれているリトル東京です。

その日、小東京(リトル東京)は、テレビ番組の撮影で警察が通行止めをしていました。
俺は、それを知らず、セントラルと1st(1番街)の信号で止まってました。

そこで前のRV車が突然、横の体制で止まっていた。
青になってもその車は動かず、恐らく立ち往生してるアホな車だと勘違いし、
僕はUターンを噛ましました。

そのとき、事件は起きた!

車のバンパー右下が対抗線の路肩に乗り上げてしまった。
幸か不幸か、、車高が低〜い車なのでバンパーの下あたりが、
ガリガリッと擦った感じだったのだが、、

俺自身、そんなに気にしてなく、あとで一応、確認したところ。。。


ガガーン!!バンパーが凹んでるじゃん!


そして、傷がついているし!!


こんなにモロイものだったとは知りませんでした。

この日は、知り合いと待ち合わせをしてました。
奴が40分以上も遅刻してきた。

当然、俺の怒りの矛先は奴に向けられた。

その日の夜は中々、寝れず、次の日の目覚めは非常に悪かった。
そして、早速、バンパーの見積もりをしてもらった。

バンパー修理には2通りある。

1.全部新しいのに取り替える。

2.パテ埋めにすれば安く済む

2番のパテ埋めにする方法が通常だろうが、どうもお店の人が言うには、
これは、最終的には、パテ埋めの跡が残ってしまうという事だ。

それならば、ここはおもいきって1番の「全部新しいのに取り替える」でいこうかと思う。

そのぐらい愛着をもって車は転がしたいものだ!

 

posted by ゴルゴkage at 13:46| Comment(23) | TrackBack(0) | Z350 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

人間交差点(ロサンゼルス裏事情)

ちょっと笑えたので報告します。

この写真を見てくれたまえ。




これを見てどんなものなのかピンと来た人はいるか?

これぞ、カリフォルニアの街で

オービスカメラが捕らえた信号無視の決定的なる証拠である。

一番上の写真から説明すると

1.信号に差し掛かる瞬間の写真
2.信号無視をした瞬間(交差点に入った瞬間)
3.その本人の顔
4.車のナンバー

もちろん、何時何分、場所まできっちりと記載されて送りつけられてくる。

ここまできたら弁解の余地なし!

気持ちが良いぐらいしっかりと撮られてます。

どうやって撮影されたんだろうか?
ちょっと僕なりに検証してみた。

1の写真だが、これは後方からとられている。
よってカメラは最低2台以上使われているのだろう。

1.信号が赤になる瞬間、ある一定の場所(恐らく、交差点手前、何メートル付近)を超え、特定のスピードに差し掛かった。

2.後方カメラが作動、そして撮影

3.前方のカメラも作動、そして撮影

4.記録が残る

5.警察の検証

6.郵送

アメリカの事だから、おそらく、4.5.6.は車のナンバーと照合して自動で郵送する仕組みかもしれない。

ここまでやられちゃうと、人間の手ではなくロボットの手で全てが罰せられる事になる時代がくるのだろう。
ていうか、捕まった本人には気の毒だが、既に彼はロボットによって処罰されているという事だ。

何とも情けない話しですね。

皆も気をつけたほうがいいと思うよ。
この記事が良かったと思ったらここをクリックしてください。
posted by ゴルゴkage at 06:01| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

亀田史郎 VS やくみつる

亀田戦が終り、勝利の判定に色々な批判が殺到している。

だが、TBSの瞬間視聴率は52.9% だったのだ!

統計上、日本の人口の半数以上があの試合を見ていた事になる。
それだけ、この亀田興毅という一人の少年に日本中が注目を浴びているわけだ。


やくみつる、亀田親父、そしてガッツ石松がテレビ番組で討論をした。

やくみつるは、漫画家であり、評論家というか解説者というかスポーツ番組などで
たまに登場する。

この漫画家が亀田親父に思いっきり噛み付いたのだ!

奴も芸術家のはしくれだ。自分が美化している事や信念を否定されるとたちが悪くなる。
手段は選ばない。それが漫画家の怖いところでもあり力でもある。


亀田親父(史郎) VS やくみつる 大ケンカ! 


お互いに熱が入って一歩も引かないのだが、
亀田親父から言わせれば、「勝ちは勝ちだ、ぐたぐた抜かすな!
やるんならやってやるぜ。ボクサーに文句があんなら拳で来いっ!」

足し算は出来るが、引き算が出来ない・・
エリートやくざとチンピラやくざの違いとはそこなのかもしれないぞ!

そう、、まるで「あしたのジョーの丹下段平」のようだ。
 
あしたのジョー丹下段平のフィギュアー
danpei.jpg



そして、再戦を期待してたようだが、はっきり言おう。

そんなわけあるかっつーの!

あれだけ苦戦した相手だぞ、再戦は避けて、
出来るだけボクサー生活を長く引っぱっていきたい、

それがプロのボクシングというものだ。

ガキのケンカじゃねーんだぞ。

ていうか、ガッツ石松!あんたどっちの見方なわけ?

スポーツ選手は消耗品なのだよ。

今回、チャンピオンを返上するような感じだが、
返上したほうが良い。そして階級を上げて低いランクの相手と戦って
派手に勝っていけばいい!

完全に亀田兄弟は商品化されつつある・・
この52.9%という視聴率を弾き出す事ができる少年だ。
いやらしい大人どもがハイエナとなって寄ってくるのは言うまでもないだろう。

これがボクサーとしての成功なのかどうかわからないが、
しばらくは、亀田兄弟は黙ってたほうが賢明かもしれない。

亀田の親父、史郎は「亀田の育て方」の本まで出版してる。
kamechichi.jpg


誰が買うか!嫌だよ。

神すら想定出来ないような小僧をこれ以上、生産するな。


余談だが、ガッツ石松が世界チャンプになったとき彼は観客に向かって

「バカヤロー」と叫んだらしい。

現役時代のガッツ石松(やっぱゴリラですね)
fighting.jpg

この記事が良かったと思ったらここをクリックしてください。
posted by ゴルゴkage at 10:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

亀田興毅

亀田興毅 VS ファン・ランダエタ の世界戦。

今回は判定で亀田が勝利をしたのだが、 その判定に疑問が残った試合となった。



まず、この表を見てもらいたい。ヤフーが独自に投票を行った結果だ。



圧倒的に相手ボクサーのほうが勝ってたという見解だ。

この亀田興毅とは、言わずと知れた日本の大阪出身の人気ボクサーです。
ここ最近のボクシング低迷から突如現れた若きボクサー。

口が非常に悪く、80年代のヤンキーのようなガンつけ、、
そしてモハメドアリ(本名:カシアス クレイ)のようにデカイ事をマスコミに言う。。
今時の若者にしては珍しいかもしれない。

当然、それをマスコミが面白がって書くわけだが、最初、僕もこのボクサーの態度を見たとき

「未成年だからって許される問題じゃねーだろうっ、、
当然、対戦相手も30過ぎのおっさんだっているわけだし、、」
「機会があったらぶちのめしたろかっ」と思ったわけだ。


実際に試合をテレビで見たが、ディフェンスがうまかったのだ!
ボクサーIQもそれなりに高かったと思う。良くナニワの辰吉と比較されているが、
僕からいわせれば断然、亀田のほうがうまい!辰吉は、ディフェンスが下手、、
ケンカボクサーでセンスだけでやってるように思えた。辰吉の現役時代の写真
jo3.jpg

ついでに、辰吉のフィギャーも見てね!
tatuyosi_1.jpg



だが、やはり勝負の世界だ。 勝てば官軍なのだよっ

勝てば(強ければ)どんな言葉だってそれなりにかっこいいわけだ。
だが、負けたとき、どうなるのだろうか?「未成年者、若者だから未来がある!・・」「かわいそうだ、、」
「亀田散る・・」「亀田、芸能界に進出かっ!」
特にボクシングはそのあたりはっきりと白、黒が出てしまう。。

ふざけんじゃないよ!

散々好きかってにほざいておいてそんなかっこいいシナリオは許さんぞ!

自業自得だ。そこで人は始めて自分のおろかさに気づき、成長しなければいけない!
死ぬまで戦うのだよっ!そしてリングで白い灰になって燃え尽きて終わって欲しいものだ。

こんなようになっ!(あしたのジョーのラストシーンのフィギャー)
joe.jpg


ただ、今回の判定で色々と騒がれているが、

勝ちは勝ちだ文句あるのか!と言いたい
ガタガタ文句を言うな!


亀田が弱いというなら、 お前が亀田を倒してから言えばいい。
大毅でも、和毅でもいいからさ、お前のその拳で倒してから言え!

posted by ゴルゴkage at 08:05| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

清原の甲子園でのホームラン映像

これが17,8歳のバッティングなのだろうか?
僕が知る限りでは、この清原のバッティングは甲子園の
スラッガーでは史上最強なんじゃないでしょうか?

posted by ゴルゴkage at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

あばれはっちゃく

先週、友人と電話で話していたら何故かこの「あばれはっちゃく」の論議になった。
内容は、あばれはっちゃくのオープニングソングで最後に「あばれはっちゃく鼻づまり♪おいらは花の落ちこぼれ♪」
ここの部分だ。まぁ、くだんねー事で大人が論議するのもどうかと思いますが、

友人が言うには最後の部分「あばれはっちゃく鼻づまり♪」ではなく

「あばれはっちゃく糞づまり♪」と言い切るのだ!

おいおい、そんなわけねーだろ!

確かに糞づまりでも流れ的には問題ないだろう。。
でもねー少年ドラマで糞づまりはないでしょう。

早速、検証してみました。「俺はあばれはっちゃく」のビデオがレンタルできるんですよ。

ここで余談だが、このあばれはっちゃくは、下記のように続いた少年ドラマです。

『俺はあばれはっちゃく』(1979年2月3日 - 1980年3月8日、全58話)
『男!!あばれはっちゃく』(1980年3月22日 - 1982年3月27日、全102話)
『熱血あばれはっちゃく』(1982年4月10日 - 1983年3月26日、全49話)
『痛快あばれはっちゃく』(1983年4月2日 - 1985年2月23日、全93話)
『逆転あばれはっちゃく』(1985年3月2日 - 9月21日、全27話)

毎週土曜日19:30 - 20:00(ただし関西地区・朝日放送だけ
この時間に『部長刑事』が放送されていた関係で18:00 - 18:30(後期は17:55 - 18:25)に放送された。)

ほとんどの視聴者に言わせると、1代目の「俺はあばれはっちゃく」が印象深いそうだ。
ゴルゴkageもこの1代目が印象深いが、なんせ小さい時だったんで内容までは覚えてない。。

主人公の「桜間長太郎」要は正義感が強い純粋なガキが直面した問題を逆立ちして
少年なりに考えて行動し大人を驚かせる。。そんなところだろうか。
全シリーズの題名が必ず「マル秘作戦」という題名が付く。

江戸っ子のオヤジは必ず「バッキャーロ!おまえの馬鹿さかげんには父ちゃん、情けなくて涙がでらぁ〜」
と言って息子をドカーンと殴る。これも定番である。
更に言えば、主人公も段々声変わりをしていきそれと共に次の世代に交代する。

大人になって改めて見てみると、主人公の桜間長太郎を演じる吉田友紀 の演技がうまい!うますぎる!
憎めない笑顔。。そして行動力。。かわいいもんですよ!
当時は少年だけでなく大人も楽しんで見れたドラマだったんじゃないだろうか?

ドラマの中でオヤジが「女の穴ばかり追う奴は、男の風上にもおけねぇぜ!」
なーんて軽々しく発言してたが、今、それをいっちゃ反感くらうだけだ。

しかしね。。男の性質としてはそのぐらいの勢いが必要な時もあるんじゃないだろうか。

それにしてもああも気持ち良くぶん殴る大人は最近いなくなったんじゃないだろうか??
僕が小さい頃、友達と家でプロレスごっこをしてたら、その友達のオヤジに一緒にぶん殴られた事もある。
さすがに当時はその行動にびっくりしたが、これもまた良い経験として残ってるわけだ。

何万個の言葉を並べるよりも一発ドカンと殴ってわかるときもあるのではないか!
それでも暴力反対〜なんて言う奴め!ゴルゴkage様の波動砲を食らえ〜!!(今回は吉田友紀で)

俺は桜間長太郎!みんな宜しくな!



俺も桜間長太郎!みんなオヤジだけど宜しくな!とほほ


ひとみちゃんでも食らえ!

posted by ゴルゴkage at 08:53| Comment(1) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

韓国についてA

韓国についてまた熱く語らせてください。

この間、雑誌を読んでいたら「従軍慰安婦」についての悲劇が書かれていた。
内容は、戦時中、日本兵の為に韓国人女性が体を張って働いた訴えとでもいいましょうか。。

出ましたね。禁止ワードともいえるこのお言葉、、

元々、従軍慰安婦っていう言葉は、1980年代に出版された本で従軍慰安婦という言葉が
初めて使われたらしいですね。しかも内容は韓国寄りの事ばかりで日本を否定するような内容で
詐欺ではないかと言われた本です。実際にあったのはわかるけど、
日本兵に強制連行されて無理やり働かされた。。私の青春返せ!

ちょっと待て、それは違うんじゃないか。

事情が人それぞれあったわけで、、最近では以下のように言われている。

日本兵というよりも、むしろ慰安婦の斡旋業者が連行した可能性がある。
ここで事情があるわけだが、その業者は日本兵が認知しているということだ。

そして、女性がお金の為に自ら志願するケースもあっただろう。
更には親がお金の為に無くなく娘を引き渡すケースもあっただろう。
そのとき、親は娘に事情を話さず何も知らない娘は現場に着いて仰天した。

当時の事は僕は知らないが、これは時代背景から考えてこの線が能圧ではないだろうか。
それで今更、ギャーギャー言うなって感じだ。日本だってヨーロッパだってそういう解決できない
不道理な歴史を踏んで来たんだ。今更ガタガタ言うんじゃねーよ。

そんなおまえら〜本物の仮面ライダーを食らえ!!
先週ゲットしました。値段は1万円ぐらい。トイザラスの限定
まさに大人のおもちゃです。(変な事を想像はしないように)

posted by ゴルゴkage at 07:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ガソリン

最近のガソリンの値上がりは異常なものがある。

特に夏に向けては毎年値上がりするのは理解していたのだが、
今年は異常である。1ガロン3ドル50セントが相場になった。(2006年5月現在)

この値上がりの影響は、イラク戦争が1番の原因とされている。
イラク問題でアメリカは兵隊を送り込んでいるが、これにかかる費用が半端じゃないらしい。
これにより、アメリカの石油会社が影響を受けているそうです。

先月だったか、大手石油会社(名前はわかんないけど)が中国の会社が買ったようだ。

ここで出てきた中国だが、こいつらも問題だ。


ここ数年の中国の景気がかなり好調らしい。それによりエネルギー消費が半端じゃないみたいだ。
あれだけ多い人口だからエネルギーの消費も凄いもんがあるだろう。

だが、更に問題としては、中国は石油の節約対策の技術が日本に比べると駄目らしい。
エネルギーが足らないからってさーただ単にイケイケで買うのもどうかと思うぞ。

ここで奴らはドンドン石油を買占めてそれが石油の値上がりの原因とされている。

おい!コラ!自分達がよければそれでいいもんじゃねーだろうがぁ!
俺達にも安く提供してね☆(ベロを出してゲンコツを頭に乗せたポーズで)

石油の値上がりの原因は中国にある!そう自分は思ってます。

まぁ、しかし、チャイナタウンでもそうだけど中国人ってやることがメチャメチャですよ。。
とにかく自分達のことしか考えない。。他人がどうであれ関係ねーよって感じがどこのチャイナタウンでも
感じられるのは僕だけでしょうか。それが彼らのパワーなんでしょうが。。

しかしね、中国も中国で色々と考えているみたいですよ。僕の近所の中国人が言うにはさぁ・・
マシンガントークでペラペラとしゃべられても、、 何か言ってることが良くわかんなかったっす。。
だから、もう少し落ち着いて話してね。(ベロを出してゲンコツを頭に乗せたポーズで)

つーか、どの中国人も人の話はあまり聞かないね。。いくらこちらが意見を言ったとしても
ほとんど受け付けてくれない。。これも彼らの凄いパワーなんですね。

彼らときちんとした意見交換が出来ることを目指して頑張っていくので
応援してくれよな!(声・野沢雅子・ドラゴンボールのゴクウの声優)

posted by ゴルゴkage at 10:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

ロングテール広告

ロングテール広告について

最近、ネット業界で注目を浴びている言葉、ロングテール広告というのがあります。

「ロングテール」英語ではLong Tail(長いヒレ)

一般的に、ある特定の分野における売り上げは、上位の20%が全体の80%を占めるというべき乗の法則(あるいは パレートの法則) に従っているとされている。
まぁ、大会社なんかも実際には数パーセントの人材で会社を支えているということでしょうか。

ロングテールには、ヘッドとテールという言葉が出てきますが、ヘッドとは売れ筋の商品であり、テールとはあまり売れてない商品(ニッチ) の集合体として使われてます。
100個ある商品のうち20個が市場をほぼ独占している状態で残りの80個の商品に力をいれなくても売れている20個の商品に力を入れていけば良いとされてました。

いやいや、実はここに落とし穴があったと数学的に証明されているわけです。例えば、 グーグルが提供しているアドセンス広告など各サイトにマッチした広告を提供してます。
もっとわかりやすい例としてアマゾンの商品をネット上で購入すると「これを買った人はこれも買ってます」みたいな表記が出てきますよね? あんな感じでユーザは売れている商品にプラスして
これも買おうっていう気になります。ガンダムの「シャア」 を買った人は、「クララ」も買います。てか、普通に考えてクララなんか真っ先に買おうなんて思わないでしょ。
もちろん、シャアが人気のキャラだけど、クララや他の雑魚キャラを好きな人も世の中には少なからずいるわけですよね。。。

もちろん、商品別で判断すれば売れ筋の商品は非常に良いのですが、その「ついでに買っちゃった」みたいな商品を集合体として考えた場合、
その売れてない商品達のほうが全体的に見てに売り上げが良いらしいんですよね。

下の図がそのような現象をあらわしたグラフです。

 



ネット上ではこのように売れてない商品も売れている商品に便乗して購買するシステムが容易に低コストで行えるわけだから、 成り立つ理論なのだろうか。。
この理論が非常に注目を浴びているのですね。海外でグーグル、アマゾン、イーベイと「ロングテール」の理論で成功している例もあるから、 右へ習え!って感じなんでしょうね。
これが、焼肉屋のメニューで「カルビ」を食べている人は「牛タン」も食べますみたいにした場合、全体的な売り上げは上がるのかな??

うーん。そんな単純なものなのかなぁ??
それよりも僕はこの人がいるから僕はこれを買うんだっていうスタンスを大切にしたいですな。

posted by ゴルゴkage at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロングテール広告

ロングテール広告について

最近、ネット業界で注目を浴びている言葉、ロングテール広告というのがあります。

「ロングテール」英語ではLong Tail(長いヒレ)

一般的に、ある特定の分野における売り上げは、上位の20%が全体の80%を占めるというべき乗の法則(あるいは パレートの法則) に従っているとされている。
まぁ、大会社なんかも実際には数パーセントの人材で会社を支えているということでしょうか。

ロングテールには、ヘッドとテールという言葉が出てきますが、ヘッドとは売れ筋の商品であり、テールとはあまり売れてない商品(ニッチ) の集合体として使われてます。
100個ある商品のうち20個が市場をほぼ独占している状態で残りの80個の商品に力をいれなくても売れている20個の商品に力を入れていけば良いとされてました。

いやいや、実はここに落とし穴があったと数学的に証明されているわけです。例えば、 グーグルが提供しているアドセンス広告など各サイトにマッチした広告を提供してます。
もっとわかりやすい例としてアマゾンの商品をネット上で購入すると「これを買った人はこれも買ってます」みたいな表記が出てきますよね? あんな感じでユーザは売れている商品にプラスして
これも買おうっていう気になります。ガンダムの「シャア」 を買った人は、「クララ」も買います。てか、普通に考えてクララなんか真っ先に買おうなんて思わないでしょ。
もちろん、シャアが人気のキャラだけど、クララや他の雑魚キャラを好きな人も世の中には少なからずいるわけですよね。。。

もちろん、商品別で判断すれば売れ筋の商品は非常に良いのですが、その「ついでに買っちゃった」みたいな商品を集合体として考えた場合、
その売れてない商品達のほうが全体的に見てに売り上げが良いらしいんですよね。

下の図がそのような現象をあらわしたグラフです。

 



ネット上ではこのように売れてない商品も売れている商品に便乗して購買するシステムが容易に低コストで行えるわけだから、 成り立つ理論なのだろうか。。
この理論が非常に注目を浴びているのですね。海外でグーグル、アマゾン、イーベイと「ロングテール」の理論で成功している例もあるから、 右へ習え!って感じなんでしょうね。
これが、焼肉屋のメニューで「カルビ」を食べている人は「牛タン」も食べますみたいにした場合、全体的な売り上げは上がるのかな??

うーん。そんな単純なものなのかなぁ??
それよりも僕はこの人がいるから僕はこれを買うんだっていうスタンスを大切にしたいですな。

posted by ゴルゴkage at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。