2006年01月18日

方向性について

方向性について


何事もやるからには、まず方向性を考えなければいけないだろう。
ジムの足を削ってて、そう思ったわけだ。

現実をよく考えて見よう。こんな事してて何が得なのか?

得なんてありません。明らかに自己満足でロマンを求めているだけだ。
で、自分に満足して完成したらどうする?
プロを目指そうか?プロっていってもね。。そんなもん存在するのかどうかわからないし、
ましてや、プロになったところで名誉が得る業界なのかなぁ?
一応、格好から入ろうか。まずは、仕事場を作ろう。
早速、仕事場を自作でコツコツとセッティングしてみた。




うーん。何か微妙。。

漫画喫茶をやってみたいと思うが、漫画喫茶は儲けを考えたら駄目だ。
あくまでも自己満足、、引退後の娯楽、、つまり趣味の延長としての経営方針が良いだろう。
老後は、金欲は無くなるのではないか?勝手に推測してますが。。

それなら話が早い、コタツルームを設ける。個室は当たり前、漫画は自分好みの
漫画だけをそろえる。(少女漫画はご法度)ドリンクは勝手に飲んでくださいな。。
お菓子食べたい?あるよ。自由にとってね。ユーザにはそんな対応で良いんじゃないか。

店は自作のコレクションで埋め尽くしてやろう。。

ちょっと欲を出してみようか。自分のコレクションをオークションしてみても面白いかも。

ここで今、やっているジムの足を削る作業工程(因みに600番のヤスリがけをしている)が、
そこまで妄想が膨らんだわけだ。

ジムは、量産型だから、いくら作って失敗しても大丈夫だ。
また作ればいい。練習台にはもってこいなわけ。
posted by ゴルゴkage at 15:09| Comment(3) | ガシャポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

人って難しいよな。。

人って難しいよね〜

今日、早速だけど細〜い筆でコクピットの人を塗って見た。
実際の人もそうだけど、プラモも人を完成させるのが一番の難関とされているらしい。
リアル感を出すために汚れの部分も作りました。
つまり、これ、ウェザリングって業界では言われてます。




実際の人だと色々と文句言われたりするけど、

プラモだと失敗しても文句は言いません。
posted by ゴルゴkage at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。