2006年08月12日

亀田史郎 VS やくみつる

亀田戦が終り、勝利の判定に色々な批判が殺到している。

だが、TBSの瞬間視聴率は52.9% だったのだ!

統計上、日本の人口の半数以上があの試合を見ていた事になる。
それだけ、この亀田興毅という一人の少年に日本中が注目を浴びているわけだ。


やくみつる、亀田親父、そしてガッツ石松がテレビ番組で討論をした。

やくみつるは、漫画家であり、評論家というか解説者というかスポーツ番組などで
たまに登場する。

この漫画家が亀田親父に思いっきり噛み付いたのだ!

奴も芸術家のはしくれだ。自分が美化している事や信念を否定されるとたちが悪くなる。
手段は選ばない。それが漫画家の怖いところでもあり力でもある。


亀田親父(史郎) VS やくみつる 大ケンカ! 


お互いに熱が入って一歩も引かないのだが、
亀田親父から言わせれば、「勝ちは勝ちだ、ぐたぐた抜かすな!
やるんならやってやるぜ。ボクサーに文句があんなら拳で来いっ!」

足し算は出来るが、引き算が出来ない・・
エリートやくざとチンピラやくざの違いとはそこなのかもしれないぞ!

そう、、まるで「あしたのジョーの丹下段平」のようだ。
 
あしたのジョー丹下段平のフィギュアー
danpei.jpg



そして、再戦を期待してたようだが、はっきり言おう。

そんなわけあるかっつーの!

あれだけ苦戦した相手だぞ、再戦は避けて、
出来るだけボクサー生活を長く引っぱっていきたい、

それがプロのボクシングというものだ。

ガキのケンカじゃねーんだぞ。

ていうか、ガッツ石松!あんたどっちの見方なわけ?

スポーツ選手は消耗品なのだよ。

今回、チャンピオンを返上するような感じだが、
返上したほうが良い。そして階級を上げて低いランクの相手と戦って
派手に勝っていけばいい!

完全に亀田兄弟は商品化されつつある・・
この52.9%という視聴率を弾き出す事ができる少年だ。
いやらしい大人どもがハイエナとなって寄ってくるのは言うまでもないだろう。

これがボクサーとしての成功なのかどうかわからないが、
しばらくは、亀田兄弟は黙ってたほうが賢明かもしれない。

亀田の親父、史郎は「亀田の育て方」の本まで出版してる。
kamechichi.jpg


誰が買うか!嫌だよ。

神すら想定出来ないような小僧をこれ以上、生産するな。


余談だが、ガッツ石松が世界チャンプになったとき彼は観客に向かって

「バカヤロー」と叫んだらしい。

現役時代のガッツ石松(やっぱゴリラですね)
fighting.jpg

この記事が良かったと思ったらここをクリックしてください。
posted by ゴルゴkage at 10:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。