2005年08月17日

甲子園名勝負

僕が見た甲子園・・

83 選手権準々決勝 池田3−1中京
 
夏春夏の3連覇のかかった池田と野中擁する中京との事実上の決勝戦。非常にハイレベルな攻防でした。
池田は2回に1点先制。中京は3回に1死満塁のチャンスを迎えますが4番・野中がゲッツー。
5回に池田はヒットの井上を1塁に置き1番・坂本が右中間へ。
井上が長躯本塁を狙いますが中京の正確な中継プレーで本塁タッチアウト。
その裏、中京は1死3塁のチャンスに2番・安藤がタイムリーを放ち1−1の同点に。
これで流れは中京に傾きます。6回、中京は5番・紀藤の2塁打などで1死3塁と勝ち越しのチャンス。
7番・佐々木の打球は高く弾んで投手・水野の前へ。紀藤は本塁突入しますがタッチアウト。
続く7回、中京は2死3塁のチャンスで3番・鈴木。

鈴木の打球はセカンドの頭を越えるかという当たりでしたがセカンドの好プレーで無得点。
そして9回、池田は7番・高橋がフルカウントから野中が投じた内角高めの速球をレフトへ勝ち越し本塁打。
(打たれた直後、野中がマウンド上でしゃがみ込んだ場面は印象に残ってます。)さらに1点追加し3−1で池田が制しました。
この当時、正直言って池田は大嫌いでした。理由は、”池田さえいなければ野中のいる中京は少なくとも1度は甲子園で優勝出来た”と子供心に思っていたからです。
そう言った意味で、この試合は私的に避けては通れない1戦です。

この試合に出てた選手でプロに行ったのは、池田高校の水野、中京の野中(阪急→台湾→中日)、紀藤(広島→中日→楽天)
紀藤は、当時は野中の控え投手だった。
posted by ゴルゴkage at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ガシャポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。