2006年04月26日

韓国街(コリアンタウン)

さて、今日は、ロサンゼルスにある韓国街、コリアンタウンについて語らせてください。
まずはここを見てから読んでもらえれば幸いです。 (^-^)

まぁ、はっきり言いますが、あそこはハングルだらけの街です。
まさに、「韓国人オンリー!外人はくるんじゃねーっ」て言ってるような雰囲気があります。


↑、明らかに合成写真!!

6年前ですが、僕はコリアンクラブへ行ってたことがあります。
今もあるかどうかわかりませんが、「カーナック」(カーニャック)やベルファーレ、
エクスプレスといったクラブが有名でしたが、どういうことが起きるかというと、

男同士、女同士のグループで行くのがまず鉄則。
そして、気に入った女性、男性がいたら、直接そのグループのテーブルへ行くのではなく
ウェイターを通して話をつけてもらう。向こうが合意したら一緒のテーブルでジョイントする。

そのようなスタイルが韓国式クラブらしいです。

直接行って失敗するよりもリスクは少ないわけで、
成功するしないは別にしても馴染みやすいのは確か。

しかも、あの人達は尋常でないくらいお酒を飲む。
むしろ、そのぐらい飲んで何が悪い!って感じだ。
いくらかわいい子でもそこまでグデングデンに飲まれたら、さすがに引いちゃいますね。

夜中の2時閉店だが、その後は、カラオケバーもあったりと朝方まで遊ぶことが出来る街でもある。
日本人だけでいくとたまに反日の人がいて喧嘩売られるときもある。(めったにないが。。)

そんときは、威勢良く対処してください。 そうすれば彼らはわかってくれます。

逆に日本人街(リトル東京)は、どうだろう??
愛想がないオバサンやオジサンがまだ存在してますよね。。
中には店を摘発しあったりするとこもあるそうです。(おいおい)

むしろ、韓国のケンチャナヨパワーのほうが魅力があります。

posted by ゴルゴkage at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。