2006年05月12日

ロングテール広告

ロングテール広告について

最近、ネット業界で注目を浴びている言葉、ロングテール広告というのがあります。

「ロングテール」英語ではLong Tail(長いヒレ)

一般的に、ある特定の分野における売り上げは、上位の20%が全体の80%を占めるというべき乗の法則(あるいは パレートの法則) に従っているとされている。
まぁ、大会社なんかも実際には数パーセントの人材で会社を支えているということでしょうか。

ロングテールには、ヘッドとテールという言葉が出てきますが、ヘッドとは売れ筋の商品であり、テールとはあまり売れてない商品(ニッチ) の集合体として使われてます。
100個ある商品のうち20個が市場をほぼ独占している状態で残りの80個の商品に力をいれなくても売れている20個の商品に力を入れていけば良いとされてました。

いやいや、実はここに落とし穴があったと数学的に証明されているわけです。例えば、 グーグルが提供しているアドセンス広告など各サイトにマッチした広告を提供してます。
もっとわかりやすい例としてアマゾンの商品をネット上で購入すると「これを買った人はこれも買ってます」みたいな表記が出てきますよね? あんな感じでユーザは売れている商品にプラスして
これも買おうっていう気になります。ガンダムの「シャア」 を買った人は、「クララ」も買います。てか、普通に考えてクララなんか真っ先に買おうなんて思わないでしょ。
もちろん、シャアが人気のキャラだけど、クララや他の雑魚キャラを好きな人も世の中には少なからずいるわけですよね。。。

もちろん、商品別で判断すれば売れ筋の商品は非常に良いのですが、その「ついでに買っちゃった」みたいな商品を集合体として考えた場合、
その売れてない商品達のほうが全体的に見てに売り上げが良いらしいんですよね。

下の図がそのような現象をあらわしたグラフです。

 



ネット上ではこのように売れてない商品も売れている商品に便乗して購買するシステムが容易に低コストで行えるわけだから、 成り立つ理論なのだろうか。。
この理論が非常に注目を浴びているのですね。海外でグーグル、アマゾン、イーベイと「ロングテール」の理論で成功している例もあるから、 右へ習え!って感じなんでしょうね。
これが、焼肉屋のメニューで「カルビ」を食べている人は「牛タン」も食べますみたいにした場合、全体的な売り上げは上がるのかな??

うーん。そんな単純なものなのかなぁ??
それよりも僕はこの人がいるから僕はこれを買うんだっていうスタンスを大切にしたいですな。

posted by ゴルゴkage at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。